2015年08月25日

Cocos2d-JS > CC.PATH

原文はこちらです。

要約

このシングルトンは、ファイルパスをハンドリングしようとするデベロッパに対して利便性を提供します。

我々はそれを cc.path と呼びますが、その理由は、pathnodejs のモジュールであり、このモジュールは同様なことを行うためです。

cc.path.join

パスになる文字列を結合

cc.path.extname

ファイルパスの拡張子名を取得

引数:

名前
pathStr文字列

cc.path.basename

ファイル名を取得

引数:

名前注釈
pathStr文字列必須
extname文字列オプション。削除される拡張子名

cc.path.dirname

ファイルパスのディレクトリ名を取得

引数:

名前注釈
pathStr文字列必須。ファイルのパス

cc.path.changeExtname

ファイルパスの拡張子名を変更

引数:

名前注釈
pathStr文字列必須
extname文字列あなたが付与したい新しい拡張子名。デフォルトは空の文字列

cc.path.changeBasename

ファイルパスの名前の変更

引数:

名前注釈
pathStr文字列必須
basename文字列新しいファイル名
isSameExtブーリアンもし拡張子名が同じであれば

tests にある PathTest を参照下さい。

posted by cbbandtqb at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

Cocos2d-JS > CC.SYS

原文はこちらです。

要約

古い cc.Browsersys は、cc.sys に置き換えられました。

変更は以下の通りです:

	
//v3.x が左側、対して v2.x が右側
//定数値
cc.sys.LANGUAGE_ENGLISH         <-- cc.LANGUAGE_ENGLISH 
cc.sys.LANGUAGE_CHINESE         <-- cc.LANGUAGE_CHINESE
cc.sys.LANGUAGE_FRENCH          <-- cc.LANGUAGE_FRENCH
cc.sys.LANGUAGE_ITALIAN         <-- cc.LANGUAGE_ITALIAN
cc.sys.LANGUAGE_GERMAN          <-- cc.LANGUAGE_GERMAN
cc.sys.LANGUAGE_SPANISH         <-- cc.LANGUAGE_SPANISH
cc.sys.LANGUAGE_RUSSIAN         <-- cc.LANGUAGE_RUSSIAN
cc.sys.LANGUAGE_KOREAN          <-- cc.LANGUAGE_KOREAN
cc.sys.LANGUAGE_JAPANESE        <-- cc.LANGUAGE_JAPANESE
cc.sys.LANGUAGE_HUNGARIAN       <-- cc.LANGUAGE_HUNGARIAN
cc.sys.LANGUAGE_PORTUGUESE      <-- cc.LANGUAGE_PORTUGUESE
cc.sys.LANGUAGE_ARABIC          <-- cc.LANGUAGE_ARABIC
cc.sys.LANGUAGE_NORWEGIAN       <-- cc.LANGUAGE_NORWEGIAN
cc.sys.LANGUAGE_POLISH          <-- cc.LANGUAGE_POLISH

cc.sys.MULTIPLE_AUDIO_WHITE_LIST     <--   cc.Browser.multipleAudioWhiteList
cc.sys.BROWSER_TYPE_***         <-- 新規

cc.sys.language                 <-- cc.Application.getInstance().getCurrentLanguage()
cc.sys.isNative                 <-- 新規。 jsb であれば真、ブラウザであれば偽
cc.sys.isMobile                 <-- cc.Browser.isMobile
cc.sys.browserType              <-- cc.Browser.browserType
cc.sys._supportWebAudio         <-- cc.Browser.supportWebAudio
cc.sys._supportRender           <-- cc.RenderDoesnotSupport
cc.sys.localStorage             <-- sys.localStorage
cc.sys.capabilities             <-- sys.capabilities
cc.sys.os                       <-- sys.os
cc.sys.garbageCollect           <-- sys.garbageCollect
cc.sys.dumpRoot                 <-- sys.dumpRoot
cc.sys.restartVM                <-- sys.restartVM
cc.sys.version                  <-- sys.version

cc.openURL                      <-- cc.Browser.openURL

cc.sys.OS_WINDOWS       <-- cc.PLATFORM_WINDOWS
cc.sys.OS_IOS           <-- cc.PLATFORM_IPHONE | sys.PLATFORM_IPAD
cc.sys.OS_OSX           <-- cc.PLATFORM_MACOS
cc.sys.OS_UNIX          <-- new
cc.sys.OS_LINUX         <-- cc.PLATFORM_LINUX
cc.sys.OS_ANDROID       <-- cc.PLATFORM_ANDROID
cc.sys.OS_UNKNOWN       <-- cc.PLATFORM_BLACKBERRY | cc.PLATFORM_NACL | cc.PLATFORM_EMSCRIPTEN

cc.config
posted by cbbandtqb at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cocos2d-JS > CC.LOADER

原文はこちらです。

要約

古い cc.Loader は、プラグインモードを伴った cc.loader としてリファクタリングされました。

リソースのローダプラグインの全ての種類は、それぞれのモジュールに登録されています。バージョン2.xとは全く異なります。

この方法で我々はリソースをよりうまく管理でき、デベロッパは彼ら自身のリソースローダプラグインをカスタマイズできます。

cc.loader は、loadJs, loadImg などのようなリソースの基本操作に対する幾つかの API を有します。

API に関する記述

(full-pathは、base-path+続くres-path、を意味します。)

resPath

リソースのベースパス(オーディオを除く)。

cc.loader.resPath = "res" と設定すると、a.png の full-path は res/a.png になるでしょう。

audioPath

オーディオのベースパス。

getXMLHttpRequest

XMLHttpRequest を取得するための方法。

loadJs

JavaScript をロードするための方法。

	
引数:
url     リソースの full-path
cb      コールバック

戻り値   ナシ
  • 利用方法1:
	
cc.loader.loadJs("src", [
    "a.js", "b.js"
], function(err){
    if(err) return console.log("load failed");
    //成功
});
  • 利用方法2:
	
cc.loader.loadJs([
    "src/a.js", "src/b.js"
], function(err){
    if(err) return console.log("load failed");
    //成功
});
  • 利用方法3:
	
cc.loader.loadJs("src/a.js", function(err){
    if(err) return console.log("load failed");
    //成功
});

loadJsWithImg

ロードする画像を伴った JavaScript のロード。

loadTxt

テキストをロードするための方法。

	
引数:
url     リソースの full-path
cb      コールバック

戻り値   ナシ

利用方法:

	
cc.loader.loadTxt("res/a.txt", function(err, data){
    if(err) return console.log("load failed");
    //成功
});

loadImg

画像をロードするための方法。

	
引数:
url     リソースの full-path
option  オプション。構文は、`{isCrossOrigin : true}`。`isCrossOrigin` はデフォルトで `true`(オプション)
cb      コールバック

戻り値   画像のインスタンス

loadBinary

非同期にバイナリファイルをロードするための方法。

	
引数:
url     リソースの full-path
cb      コールバック

戻り値   バイナリデータ

loadBinarySync

同期的にバイナリファイルをロードするための方法(非推奨)。

	
引数:
url     リソースの full-path
cb      コールバック

戻り値   バイナリデータ

getUrl

リソースのフルパスを取得するための方法。

	
引数:
basePath    リソースの basePath
url         リソースのパス

戻り値       full-path

利用方法:

	
cc.loader.getUrl("res", "a.png");//-->"res/a.png"
cc.loader.getUrl("a.png");//(set cc.loader.resPath = "res")--->"res/a.png"。

load

古い cc.Loader.preload の置き換え。

	
引数:
res         リソースリスト。文字列もしくは配列を取り得ます。
option      オプション。以下のようなキー:
            cb              コールバック
            cbTarget        コールバックのターゲット
            trigger         トリガ
            triggerTarget   トリガのターゲット
cb          コールバック(オプション)

利用方法:

	
var res = ["res/a.png", "res/a.plist", "audio/b.mp3"];
var testTarget = {
    name : "the name is testTarget",
    trigger : function(){...},
    cb : function(err){...}
};
var option = {
    trigger : testTarget.trigger,
    triggerTarget : testTarget,
    cbTarget : testTarget
}
//利用方法1
cc.loader.load(res, option, function(err){
    if(err) return console.log("load failed");
    console.log(this.name);//名前は testTarget
});

//利用方法2
cc.loader.load(res, function(err){
    if(err) return console.log("load failed");
});

//利用方法3
option.cb = testTarget.cb;
cc.loader.load(res, option);

//利用方法4
cc.loader.load(res);

loadAliases

エイリアスを取得するための plist コンフィグファイルのロード。

	
引数:
url             コンフィグファイルの URL
                以下のようなコンフィグファイルの中身
                    
                    
                    
                    
                        metadata
                        
                            version
                            1
                        
                        filenames
                        
                            grossini.bmp
                            res/Images/grossini.png
                        
                    
                    

cb              コールバック

利用方法:

cc.loader.loadAliases("res/lookup-html5.plist", function(){
    var sprite = cc.Sprite.create("grossini.bmp");
    self.addChild( sprite );
    sprite.x = winSize.width/2;
    sprite.y = winSize.height/2;
});

register

リソースローダプラグインの登録方法。

	
引数:
extNames        文字列もしくは文字列の引数で、リソースの拡張子名を意味します。
loader          ローダプラグインオブジェクトで、"load" と名付けられた関数を持たなければなりません。
                `realUrl`, `url`, `res`, `cb` は `load` 関数に引数として渡されるでしょう。
                もしこのローダプラグイン中に `getBasePath` と名付けられた関数があれば、
                リソースのこの種類のベースパスは `getBasePath` 関数によって返された値となるでしょう。

                デフォルトは `cc.loader.resPath` になります。

戻り値          ナシ

利用方法:

	
cc.txtLoader = {
    load : function(realUrl, url, res, cb){
        cc.loader.loadTxt(realUrl, cb);
    }
}
cc.loader.register(["txt", "xml", "tmx", "tsx"], cc.txtLoader);

getRes

キャッシュされたリソースを取得するための方法。

	
引数:
url         リソースのパス(full-path ではありません)

戻り値       リソースのデータ

利用方法:

	
var img = cc.loader.getRes("a.png");

release

キャッシュされたリソースのデータのリリース。

	
引数:
url         リソースのパス(full-path ではありません)

戻り値       ナシ

利用方法:

	
cc.loader.release("a.png");

releaseAlll(訳注:releaseAll?)

キャッシュされたリソースの全てのデータのリリース。

	
引数: ナシ

戻り値 ナシ

利用方法:

	
cc.loader.releaseAll();

リソースローダプラグインの登録

CCLoaders.js 内のコードを見たら理解できるでしょう。

コンフィグリソースの構文

バージョン 2.x:

	
var resources = [
    {src:"res/a.png"},
    {fontName:"Marker Felt",src:[{src:"res/cocosgui/Marker Felt.ttf",type:"truetype"}]},
    {
        fontName:"Schwarzwald Regular",
        src:[
            {src:"res/fonts/Schwarzwald_Regular.eot", type:"embedded-opentype"},
            {src:"res/fonts/Schwarzwald Regular.ttf",type:"truetype"}
        ]
    }
]

バージョン 3.x:

	
var resources = [
    "res/a.png",
    "res/cocosgui/Marker Felt.ttf",
    {
        type:"font",
        name:"Schwarzwald Regular",
        srcs:["res/fonts/Schwarzwald_Regular.eot", "res/fonts/Schwarzwald Regular.ttf"]
    }
]

バージョン 3.x において、あなたは文字列としてであってオブジェクトとしてではなくリソースをコンフィグする必要があります。

幾つかの特別な条件においては、あなたは、このリソースをハンドルするためにどのローダプラグインを表すために type を使うことができます。 リソースをキャッシュするためのキーにするために name + . + type を使います。

バージョン 2.x の構文は、バージョン 3.x ではサポートされません。

posted by cbbandtqb at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。