2013年06月08日

Apportable - Apportable SDK

Objective-C で書かれたコードをそのまま Android に移植できるという SDK のドキュメントを直訳してみました。 オリジナルは、こちらになります。なお、apportableさんの許諾はいただいております。

Quick start

あなたの アカウントページ上の指示に従い、 SDK をダウンロードして下さい。 なお Mac OS X 10.7以上と約 2GB のハードディスクの空き容量が必要です。

プロジェクトをビルドするためには、コマンドラインインタフェースで apportable を実行しますが、 当該アプリに対する Xcode プロジェクト (xcodeproj ファイル) と同じディレクトリで実行して下さい。 ~/.apportable/SDK/bin があなたの PATH に追加されていることを確認して下さい。 もし bash を使っているのであれば、bash に以下のターミナルコマンドを追加できます:

(echo; echo PATH=~/.apportable/SDK/bin:$PATH) >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

Android デバイスが USB を介して接続されていることと、USB デバッギングがデバイス上で可能になっていることを確認して下さい。

git clone git://github.com/apportable/Spin.git
cd ./Spin
apportable load

もし全てが正しくインストールされていれば、デバイス上に回転するグリーンの立方体を目にするでしょう。 コマンドラインインタフェースドキュメントにてより多くのオプションを確認したり、 より多くのサンプルアプリのビルドに挑戦してみて下さい。

もし始めるにあたって問題があれば、メーリングリストにて質問できます。

Additional resources

Apportable でお困りですか?何か良いアイデアがありますか?我々はとても知りたい!

Discussion List

ここにある Apportable ディスカッションメーリングリストにジョインして下さい。 みんな質問にすばやくレスポンスしてくれますし、すでに回答済みの質問からなるリポジトリもあります。

Stack Overflow

Stack Overflow にて質問することもできます。 質問に apportable タグを追加しているか確認して下さい。

GitHub

GItHub にて、我々はサンプルアプリとオープンソースなコンポーネントをセレクションしています。 我々がパッチを受け取るのに最善な方法は、GitHub のプルリクエスト経由です。

Email

もし質問や我々に対するアドバイスがあれば、躊躇せず直接我々にメールして下さい


目次へ戻る

FruitsFields - 寄付代わりに購入いただけると嬉しいです。
Icon-72.png as_available_appstore_icon_20091006.png

サポートページはこちら。
http://cbbandtqb.toypark.in/FruitsFields/index_jpn.html

posted by cbbandtqb at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365606836

この記事へのトラックバック